プロのクズ見たけりゃ来れば?

読者の事を考えず、SEOを無視し、自分勝手に書く、それこそプロクズ(ブロ)ガー。

現役教育学部が気になったニュースを見て思ったことを愚痴る。

どうも、教育実習は完了しているプロクズガーのぶです。

 

 

今日はこのニュースを見て文句でも笑笑

news.yahoo.co.jp

 

 

 

教員は長時間労働な職業で有名だよね。

 

私が教育実習行った場所の先生もそのようなことを口にしてたようなしてないような笑

(一応曖昧にしとく)

詳しい時間も聞いたけど流石に驚きが隠せなかった。

 

確かに、教員には素晴らしいやりがいがあるけど、私よりも早く来て私よりも遅く帰る姿を見ていると中々にハード、、、

 

 

 

その上残業代がなし?

 

一本グランプリか??

 

こんな教員は嫌だ。

 

 

 

「長時間労働の上に残業代が出ない」

 

 

いっぽーん!!ってな、、、

流石に笑えないや。

 

 

 

高所得者から給料引いて教員にあげようよ。

私の大学は教員は公務員だから給料安定が良い面だぞ!とか抜かしてるけど。

 

現実問題給料は安定してるかもしれないけど、労働量と給料が見合わなすぎる笑

 

 

 

むしろ教員を年収1000万クラスにあげて良いと思うんだ。

だって将来の生産性を上げる職業なんだよ?

年収あげて、採用試験のハードルあげようよ。

 

勉学の専門家みたいなものだよ?

教える技術、寄り添う技術、可能性を広げる技術とか色々勉強してるんだよ?

それの対価に給料上げないとさ、そりゃやる気も出ないよな。

 

 

 

ここからどう動くんでしょうか。

企業とのミスマッチ減らす前に、教員に関してミスマッチ減らすべきなのでは、、、

 

 

長期的に見れば教員に投資した方が有益だと私は思ってしまうけどね。

先ほども言った通り教育者だし、1人で約20〜40人くらいの未来ある子供を教育するんだし。

国動かしちゃうぞ!とかよりもよっぽど現実的であるよね。

 

 

私たちがこうすべきだ!!よりも私たちも頑張る!けれど今の子供たちも任せた!!!ってスタンスにすべきだよ。

本当に主体性とか養いたいなら子供は甘やかすべきではない。

 

 

 

話がそれつつあるのでこのくらいにしとく!!

私の周りで教員になりたいって頑張る人がいるのにこんな状況になってるのが許せない!!!!

本当に愚痴のようになってしまった笑笑