プロのクズ見たけりゃ来れば?

読者の事を考えず、SEOを無視し、自分勝手に書く、それこそプロクズ(ブロ)ガー。

記事への滞在時間長くしたいなら目次は入れるな!?

せっかく書いた記事なのに10秒で離脱してしまう、、、

 

最後まで読んで欲しいのに目次までしか読んでもらえない、、、

 

そこのあなた!!

 

この記事を読んでくれた方限定!!

 

目次と滞在時間の関係を教えます!!!

 

そして、あなたは読者の滞在時間を自由に操れるでしょう。

 

そんな魔法を手に入れたい方は読んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも、ここ最近目次さえ入れるのがめんどくさいというキャラを作っているのぶです。

 

でもですね聞いて欲しいんですよ。

目次ない方が読まれる!!

 

その理由を説明しますからね。

もちろん目次なしで!!笑

 

 

結局、目次で判断されてしまうってこと。

 

読者の意識

1.この記事は何が書いてあるんだろうなー

2.お!目次あんじゃん!見てみよ!

3.あれ、、、欲しい答えは無さそうだ、、、

 

3の別例として

3.予想できる見出しだし読む時間無駄か

3.見出しが抽象的すぎて全然わからん

3.見出し多すぎて今の時間じゃ読めなさそうだな

 

 

 

このようにですね、目次で判断されて戻るという行動をされてしまうんですよ。

 

 

そのためには目次消すしかねえ!!!

よっぽど目次に自身があれば入れてもいいけどさ!!

 

 

消すことによって最後まで何が書いてあるかわからないんですよね。

都内とかにあるラッキーボックス的な感覚ですよ!

 

多くの箱の中で極少数の当たり券が入っていてみんなで振るあれですよ!

色紙で包まれていざ買ったらしょぼいキーホルダーだった的な

 

 

何が言いたいかというと中身がわからなければ読者は最後まで見たくなってしまうと!!!

 

目次がなければ文章を最後まで読んでくれる人が多い傾向にあると!!

そう言いたい!!!

 

中身がわからないから「あれ?もしかしたら当たりかも?」なんて思わせれば確実に最後まで読んでくれるでしょう!

 

 

 

まあ目次入れたいならセールスライティングでも学んどけば。

ちなみに私も最初の導入は使ってますからね。

 

怪しげに読者の感情を揺さぶるって感じです笑

思わず期待して読みましたか?

 

こっちのブログは雑なので期待に答えられなかったらごめんなさいね!!笑

そこらへんもクズらしいかな?

 

 

 

とりあえず目次を入れずに記事書いてみて反応をテストした方が良いですよー!!