プロのクズ見たけりゃ来れば?

読者の事を考えず、SEOを無視し、自分勝手に書く、それこそプロクズ(ブロ)ガー。

【プレゼン】言いたいことが伝わる!!この言葉を軸に考えよう!

「伝わりやすい話って?」

 

「テンプレに当てはめるだけ!」

 

こんにちは!

のぶです。

 

今回は伝わりやすい話を考える方法です!

f:id:nonbut:20181005122715p:plain



 

 

はじめに

特に伝えないといけない状況がプレゼンですかね。

相手に賛同してもらわないといけません。 

 

伝える場合には思考力が必要なってきます。

なので、私が考える思考力を紹介します。

 

とは言っても、

別の記事にしているのでそちらを貼るだけです。

 

思考力はこちら! 

www.nobu-daily.com

 

今回の記事を一言で紹介するなら、

「相手を納得させる伝え方はこれ!」

という感じですね。

 

 

私は、

話の納得しやすさ=思考力の高さ

だと考えています。

 

 

意識する言葉

 

そもそも

「そもそもどういう意味?」

「そもそも根本の問題は?」

「そもそも共通認識できてる?」

 

全ての根本”そもそも”

 

私が、

何かを考える時に1番はじめに口にする言葉です。

 

 

考えた結果よりも何から考えたかの方が大事だと

私は思っています。

 

 

考え始める前に、

そもそも何を考えるかを決めましょう!!

 

なぜ?

「なぜこの問題は起きた?」

「なぜこの発言をした?」

「なぜこうなった?」

 

全てを深く掘り下げる”なぜ”

 

そもそもで何を考えるかを決めた後に

なぜそれを考えるかを決めます。

 

それ以外にもなぜは万能です。

 

全ての事柄において、

本質を考えるなら”なぜ”は必須です。

”なぜ”と思考は一心同体!!!

 

困ったらなぜを問いましょう!

 

例えば

「例えば〇〇です」

「例えを出しますね」 

 

あなたの実力が試される”例えば”

 

これは何かを伝える時に使います。

聞き手にわかりやすく伝えるだけです。

 

逆に言えば、聞き手が何を知っているか、

どう伝えれば良いのかを理解して、

例えを考えるのはあなたです。

 

 

 

幼稚園児に思考といってもわからないです。

 

その場合は、 

目の前にティッシュ箱を用意して問いかけます。

「これを引っ張ると何が出てくる?」と。

「ティッシュ!」と言ってくれるでしょう。

 

「なんでわかったの?」と聞きます。

 

「だってティッシュ箱じゃん!」とか

言うんでしょうかね笑 

 

このなんで?の後に園児は思考しています。

 

それを伝えれば、

思考をイメージしてくれるでしょう。

 

つまり

「つまり〇〇です」

「つまりこういうことですか?」

 

全てが集約される”つまり” 

 

”まとめると”や”結局”と同じ意味合いです。

 

相手の話を理解してますよとアピールしたり、

私の言いたいことはこれです!と

伝えるために使います。

 

 

わかりやすく伝えるには”つまり”が重要

になってきます。

 

まとめ

前提を確認するためのそもそも

納得度を高めるためのなぜ

理解してもらうための例えば

結論をシンプルに伝えるつまり

 

それを考えてから相手に伝えます!

これで相手は納得して聞いてくれるでしょう! 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

何か少しでも発見があれば嬉しいです。