プロのクズ見たけりゃ来れば?

読者の事を考えず、SEOを無視し、自分勝手に書く、それこそプロクズ(ブロ)ガー。

【大学生】大学ほぼ辞めます!〜理由とこれからについて〜

某〇〇〇〇「大学辞めちゃいなよ」

 

大学3年の秋期・・・

 

私「ほぼ大学辞めます!!」

 

こんにちは!

のぶです。

 

今回は大学ほぼ辞める話です。

f:id:nonbut:20180928103936p:plain

 

 

 

はじめに

「こいつ辞めたのかよ!!」

 

ちょっと待ってください!

 

”ほぼ”です、ほぼ!

 

 

中退ではなく卒業はします!

 

どういうことか説明しますね!

 

 

 

シンプルに、

卒業単位取り終わるんです!

 

 

大学3年の秋期より週1回の授業!

 

そして、大学4年は授業0!!

 

成績についてもゆるいので、

真面目に受ければ100%取れます。 

 

いやー、

1年と2年で単位多く取ってて良かったです。

 

なぜほぼ辞めたの?

普通の大学生なら3年の春期の時点で、

この状況を認識できますよね。

 

しかし、

理由があり春期と秋期の境目になりました。

 

「春期にわかってたら後1つ授業増やしてるわ!!」

 

私は教育学部

まず理由よりは、私のことについてです。

 

教育学部に入学した私は、

入学当初より小学校の教員免許を取得するため、

授業を決めていました。

 

つまり、ほぼ指定です笑

 

教員免許を取得するためには、

決められた授業を取る必要があります。

 

理由前のちょっとした前提です!

 

教員免許を取ることを辞めた

小学校の教育実習、

特別支援学校での体験をしました。

 

それを含めて私は、

「私の目指す場所は教員ではない」

 そう決めました。

 

 

理由はこちらに書いてある通りです。 

www.nobu-daily.com

www.nobu-daily.com

 

教員の魅力はとても理解してます。

「先生!」ともう一度言われたいですね笑

 

 

ただ、教員では範囲が狭いんです。

インターネットに比べるとですよ。 

 

 

自分の好きなことをしたい

ブログを書くのはもちろんですが、

ブログのための勉強をするのが好きです。

 

 

秋期に教員免許を取るために大学に行くなら、

本を読んだ方が良いと

将来を考え、決断しました!!

 

また、ブログ以外にも

私自身の可能性を追求するチャンスが増えます。

 

 

好きなことに夢中になれる環境です!

 

 

甘える自分にムカついた

大学の授業に出てればどうにかなる。

 

教員免許を取ればなんとかなる。

 

私は当たり前にこんなこと考えていました。

昔から甘えてばかりの私です。

 

”大学”にすがっている甘い私から

卒業するための決心でもあります!

 

これからについて

続いて、これからについてです!

 

暇な時間どんなことするの?って話ですね。

ブログを書く

ここは今と変わらないです!

安定的に毎日更新をしていきます!!

 

まあ、ある方も

「ブログ本気でやるなら大学辞めな」

言ってるわけですし笑

 

ブログのネタ探しが増えるので当分は困らなそう!

 

別ブログを立ち上げる

現在、特化型ブログを計画中です。

ペルソナ設定やタイトルは決まりました!

 

10月の第1週目で立ち上げます!

このブログは宣伝なしの検索流入のみです。

 

なぜなら、はっきりと理由は言えないですが、

本当に必要な方だけのブログにしたいからです!

 

本を読みまくる

今現在で60冊ほど本を読めました。

 

主に電子書籍を使ってます!

 

そこで、Unlimitedに再申し込みして、

本を読みまくるぞ!! 

 

一人旅をする

一人旅したいです!

大阪に一人旅した日の感動は忘れません。

 

時間が増えた分色々と巡りたい!!

写真撮ったり色々な空気を吸いたい!

 

旅は私にとってエネルギーの源の1つです!

 

さいごに

「せっかくなら教員免許取りなよ」

 

「また、甘えんじゃないの?」

 

色々賛否両論ありますよね。

それなら見ててください!

 

私は決断しました。

 

 

今の私に求められてるのは、

甘えないことでも、

ブログを書くことでもありません。

 

決断を正解にする力です。

 

その力を卒業までに付ける。

 

それが、

大学生の私が掲げる最初で最後の目標です!

 

 

何はともあれ応援してくれたら嬉しいです!

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

何か少しでも発見があれば嬉しいです。