プロのクズ見たけりゃ来れば?

読者の事を考えず、SEOを無視し、自分勝手に書く、それこそプロクズ(ブロ)ガー。

【ゲーマー歴15年】「ゲーム依存症!」〜プレイ時間が1日6時間から1日30分に減った経験談〜

「ゲーム依存症についてどう思う?」

 

私「悪くないけど、もったいない!」

 

こんにちは!

のぶです。

 

今回は、ゲーム依存症がゲームをしなくなった理由について紹介していきます。

f:id:nonbut:20180926095424p:plain

 

 

ゲーム経歴

まずは全体的なゲーム経歴を紹介します。

 

年代ごとに代表的なゲームなども紹介!

 

幼稚園

私が最初にゲームを手にしたのは幼稚園です。

 

ゲームボーイアドバンスでポケモンをする日々。

ちなみにルビーです。

 

起きたら電源をつけ、寝るまで離しません。

人生全てをゲームにつぎ込んでました。

 

 

親に隠れて布団の中でゲームしたことも笑

 

小学校

小学生もポケモンですね。

DSが発売されたのでダイヤモンドらへんな気がします。

 

一応ナルトなど他のゲームにも手を出します。

 

 

当時遊ぶと言ったらポケモン!

夏は四季ポケモン!

 

強さが全てなので熱中しまくりでした。

 

とは言っても、

カッコイイポケモンを100Lvにするだけ笑

基本伝説のポケモンです笑

 

 

小学生もゲームに捧げています。

 

中学校

中学生ではポケモンを中心に、テレビゲームにもハマっています。

 

1番ハマったのはスマブラX!!

これはポケモン同様大流行のゲームですね!

 

PSPも買ってます。

言わずもがなモンハン!!

あのゲームは反則的な中毒性!

 

あとはパタポンなどもよく通信してましたね。

 

部活から帰ったらゲーム。

試験期間中もゲーム。

休日はもちろんゲーム。

 

家ではゲーム以外しませんでした笑

 

高校

高校生はスマホゲーム!

パズドラ、モンスト全盛期ですよ。

他にも色々ゲームしてました。

 

ゲーム以外の話はした覚えがありません笑

 

攻略情報や進み具合、ガチャの結果などを毎日話してました。

今思うとなぜだろうって感じです笑

 

 

大学

大学生はスマホゲームですね。

30分になったのが大学2年の後半です。

 

それまでは、モンスト1本な気が、、、

(記憶がごちゃごちゃ笑)

 

 

通学時間にストライクショット。

バイト先でストライクショットォ!

友達とストライクショットォォォ!

 

”ストライクショット”とは

モンストの必殺技、決め台詞のようなもの

「君に決めた!」

「ハピネス!」

「卍!」

などと同様とりあえず言っとけば盛り上がる。

 

まとめ

まとめると以下のようになります。

 

中学生まで:1日6時間以上ポケモン

大学まで:1日6時間以上スマホ

大学:1日5時間ほどモンスト

 

6時間から30分に

ある時期を境にパッとゲーマーが終わります。

 

いつ?

時期は私のブログで何度か書いています。

大学2年の10月ですね。

 

きっかけは合同説明会に行ったことです。

 

なぜ?

説明会に行き就職について考えることに。 

 

ゲームしてる暇なんてねぇ!

 

無表情で歩く黒服集団。

まるで囚われた囚人でした。

 

中には明るく歩く黒服もいました。

 

 

1年後にはどちらかになる、、

もちろんなりたい姿は決まっています。

 

なので、そのために何ができるか。

よくわからないけど読書は良い!と言われてたので読書日和に。

  

 

危機感しかありませんでした。

 

どのように? 

ゲームの時間をほぼ読書に変えます。

主に読んだ本が”マンガでわかる”シリーズ。

 

その中でも思考力中心です。

思考力を鍛えた理由は別ブログで。

 

1ヶ月で20冊近く読みました。

0冊が20冊です。

 

今思えば中々努力したなと褒めたいです笑 

 

 

まとめ

依存症が急に読書家に笑

 

その原動力は危機感です。

 

今ではゲームしない日も普通です。

むしろゲームしててもつまらない笑

 

ちょっとした経験談でした!

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。

何か少しでも発見があれば嬉しいです。