プロのクズ見たけりゃ来れば?

読者の事を考えず、SEOを無視し、自分勝手に書く、それこそプロクズ(ブロ)ガー。

【就職】学歴フィルターのメリット・デメリットを考えました!

「学歴フィルターの影響って?」

 

「とりあえず考えてみる!」

 

f:id:nonbut:20180920121721p:plain

 

 

 

こんにちは!

のぶです。

 

今回は学歴フィルターのメリットとデメリット

を考えていきます!

 

学歴フィルターとは? 

Wikipedia様によると、

就職活動において入社を希望する者を採用か不採用か決める場合に、一定レベル以上の大学に在籍しているかという基準で決めるという事である。

 

つまり、高学歴は採用!

それ以下は全員不採用!

 

 

いや、一定レベル以上とはどこ!!?

東京大学は流石に高学歴だし。

早慶らへんも高学歴でしょう。

 

ならMARCHは?

私から見れば高学歴です。

企業はどう考えるんだろうか。

 

調べてみると微妙なライン、、、

 

 

とりあえず現時点では早慶以上と想定します。

 

メリット

それではメリットをいくつか!

 

効率的に優秀な学生を採用できる

学歴フィルターによって採用された学生は、

確実に高学歴

 

高学歴なら90%は優秀です。

つまり大学名で判断するだけで活躍する社員が採用できてしまいます!!

 

なんて効率的!!

 

高学歴は内定をもらいやすい

相当な努力をして入った有名大学です。

なので、大学名だけで努力が認められます

 

高学歴にとって良い環境ですね。

学歴フィルターがあって周りが不採用になれば採用の確率が上がります。

 

羨ましい!!

 

採用実績が充実する

会社の採用情報のページには、過去に採用した大学がのっています。

 

ここに高学歴ばかりのせることができれば欲求は、

満たされるのではないでしょうか。

私はよく見てしまいます笑

 

会社内が高学歴だらけ

高学歴が多くいると何が良いのか、

それは、OB・OGが多いということです。

 

大学が同じならそれだけで仲良くなれます。

高学歴同士なら話も合いやすいでしょう。

 

win-win-win

上位の企業-学生-大学が全て得します。

 

企業と学生はもちろんのこと。

大学も採用先がアピールできます。

卒業後の進路などで企業名掲載されますよね。

 

デメリット

続いてデメリットです。

 

隠れた優秀な学生が採用できない

一定レベル以下でも優秀な学生はいます。

 

勉強ができないだけだったり、

別の目的があって大学を選んだり。

 

効率は悪いですが、時間をかけて学生の内面を見ることで隠れた優秀な学生が採用できます。

 

学歴フィルターが悪く働いてますね。

 

やる気のある学生が採用されない 

絶対にこの企業に入って活躍するぞ!

それでも学歴で不採用に。

 

どうしても入りたい企業に入れない原因が

学歴フィルターだったらどうですか?

 

今まで第一志望の企業に入るためにした努力は、

なんだったのか、、、

かなり気が落ち込みますよね。 

 

一定レベル以下の学生が不利

一定レベル以下の大学生は無条件で不採用

 

おかしくないですか?

少なくはなりましたが、

学歴フィルターは今でもあります。

 

問題は、使われている企業がわからないこと。

 

企業の印象が悪い 

最近は学歴フィルターが減りつつあります。

 

その中でいまだにフィルターをしていると、

「古風なやり方の企業だ」

「世の中の動きが見えていない」 など

良くない印象を持たれます。

 

戦略的にフィルターを使うんでしょうか?

私はさっぱりわかりません笑

 

使っているだけで学生からは印象悪いです。

 

さいごに

フィルターなんて使われてる会社には行かん!

 

言い訳に捉えられたら100%言い返すことは、

不可能。

 

けど、行かん!!

 

言い訳でも良い!

学歴で見られる会社なんて私には合わない!

絶対に早期退職してしまう!

 

つまり行かん!

 

 

あなたも一度考えてみましょう!

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

何か少しでも発見があれば嬉しいです。