プロのクズ見たけりゃ来れば?

読者の事を考えず、SEOを無視し、自分勝手に書く、それこそプロクズ(ブロ)ガー。

プロフィール〜このブログを書いてる人って誰なの?〜

こんにちは!

のぶです。

 

今回はプロフィール紹介です!

こんな人なんだーくらいで見てください。

f:id:nonbut:20180920135807p:plain

 

 

 

基本情報

名前:のぶ

 

職業:大学生(教育学部)

 

住所:都内まで電車で1時間ほど

 

趣味:カラオケ 読書 散歩 写真 人間観察 ブログ

 

変な趣味:トライポフォビアの画像を見ること 音フェチ 歩き方観察

 

特技:ルービックキューブ6面揃える

 

好きなこと:1人で〇〇 youtubeを見る 考え事 ハンモックで寝ること

 

嫌いなこと:お化け屋敷 自分に嘘をつく 満員電車

 

好きな食べ物:ポップコーン サーモン オクラ 蕎麦 ワニの顎

 

嫌いな食べ物:そら豆 銀杏 レバー 虫

 

好きな言葉:気づけば変われる。

 

ストレングスファインダー:トップ5はこちら

 

性格(主観):変人、個性的、変わり者、頭がおかしい、友達にしたくない。

 

性格(他者):しっかり者、警戒心強め、意外とアクティブ、真面目、何を考えてるかわからないけど何かしら考えてる。

 

(※リンク先は私のブログです。)

 

ブログと私

少々重くはなりますが、私とブログとの関係を年代別に紹介して行きます。

 

トラウマになった過去

私がブログに始めて投稿したのが中学2年生頃です。

当時はアメーバピグが流行っていて、アメブロに投稿をした話です。

 

ブログ投稿したから読んでー!!と言う友達が多くなったので私もブログを書くことに。 

楽しくてどんどん書き進めてしまいます!

すぐに日記のような記事を初投稿!

 

 

次の日になると、アメブロを読んでくれた友達が話しかけてくれます!

 

 

しかし、そこで言われたのは、

「お前のブログキモい」

「普段と違いすぎて変だよ」

「無駄にテンション高くね」

 

 

当時私は極度の人見知りだったので今考えるとこの反応はおかしくはないです。

 

けれどブログ記事を楽しく書けた私にはかなりキツかったです、、、

書いたブログは帰ってから消去しました。

 

「2度とブログなんて書くか!」

 

中学2年生の私はブログという言葉がトラウマになりました。

 

絶望した過去

ブログ作成日が2017年11月3日です。

 

同年の10月頃から読書や考え事を多くするようになった私は、自身の意見を広めようとブログを書きました。

 

ブログど素人の私は読みづらい文章、

よくわからないタイトルで初投稿。

 

当時調子に乗っていた無知な私は、

「明日には1万PVかなー!」と本気で思ってました。

 

 

次の日朝1番でPV数を確認すると、

3PV

 

「えぇぇ!!」

「せっかくブログ書いたのになんだよこれ!!」

 

次の次の日は2PV

ついには0PVに。

 

 

「読まれないブログならやる意味がない!」

 

「2度とブログなんて書くか!」

 

当時の甘い私はブログに絶望しました。

 

本格的に始めた理由

大学3年になり、将来何をしたいかを意識した時に何も思いつきませんでした。

 

そこで私は、”一生〇〇をしないを決めます。

 

 

色々考えていき、”一生ブログをしない”に辿り着きました。

 

トラウマになって絶望した過去のあるブログ。

それでもブログを一生しないと決めきることはできませんでした。

 

この瞬間、私とブログは切っても切れない関係なんだと思いました。

まるでブログに恋したかの感覚です。

 

 

しかし、まだブログをしたいと決めきることはできません。

なのでとりあえずブログを書いてみることに。

 

 

書いてみるともちろんPV数は少ないです。

けれど以前みたいな絶望ではなかったです。

「誰かが見てるなら価値がある」

 

私が書いた記事で、1人にでも変化があるなら書く意味があると確信しました。

 

ここから私が本格的にブログを始めることに。

 

私のブログって?

 

大切にしていること

「私も読者も楽しいブログに」

私も書いていて楽しい、読者さんも読んでいて楽しいブログが理想です!

 

 

コンセプト

「99人に嫌われても1人に愛されるブログ」

たった1人にでも価値のあるブログを作れたら幸せです。

 

 

目的

1.様々な悩みを解決する

2.読んでくれた方に何かしらの発見を提供する

私のしたいことを全てします!

 

理由については記事にしています。

そちらをご覧ください!

www.nobu-daily.com

www.nobu-daily.com

 

 

よろしくお願いします!! 

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。

何か少しでも発見があれば嬉しいです。