プロのクズ見たけりゃ来れば?

読者の事を考えず、SEOを無視し、自分勝手に書く、それこそプロクズ(ブロ)ガー。

【短所】「全然選べない!」優柔不断な人に向けて原因と知って欲しい1つのこと〜優柔不断がなおるかも?〜

「どれにするのー?」

 

「もうちょっとだけ考えさせてくれ!!」

 

こんにちは!

のぶです。

 

今回は優柔不断の方に向けて知って欲しい1つのことを紹介します。

 

f:id:nonbut:20180921095136p:plain

 

 

 

 

優柔不断とは

ぐずぐずして、物事の決断がにぶいこと。また、そのさま。

 

シンプルに言うとすぐに決められない方です。

 

「もうちょっと待って!」

「まだ考えてるから!」

「うーん、、、」

「えー、、、」

こんな事が口癖の方は優柔不断の可能性があります。

 

実際に私が優柔不断でした!!

 

 

原因

次になぜすぐに物事を決められないかを考えます。

私を客観的に見るだけなので簡単ですね!

 

1.全てが良く見える

物事の全てが良く見えてしまいます。

「あれも良いなー、、、」

「こっちも良いなー、、、」

 

 

例えばお菓子を買う時、小学生での体験談です。

スーパーのお菓子売り場に行くと、数多くのお菓子が売っています。

どれを買うのか悩みます。

 

「グミの歯ごたえも美味しそう」

「チョコの甘さも今日は食べたいな」

そこで悩みに悩み、次は味に悩みます。

 

「グミに決めた!」

 

「すっぱいグミも食べたい」

「ハードな食感のグミも食べたい」

ここまできてやっと買う商品が決まりました。

 

全てが美味しそうで食べたくなる欲張りでした。

 

2.後悔をしたくない

後悔したくありません。

「こっちを選ばなければどうなるんだ」

「これを選んだ影響は?」

 

 

私は1年ほど前に一眼レフカメラを買いました。

簡単に絞れてたのですが最後の二分の一が決まりません。

 

差で言うと、はてなブログとlivedoorブログと同じくらいの差です。

結局無料でブログできるからどっちでも良くない!?

 

 

他人から見ればどっちでも良くても、私からすれば細かなスペックにこだわり優柔不断が発動してました。

 

 

「こっちを買ったら後悔するかもしれない、、、」

じゃあ買うなよ!と言われるほど悩んだかもしれません笑

 

後悔したくないからこそ丁寧に悩みました。

 

3.周りの目を気にし過ぎている

周りが気になります。

「こっちを選んだらAさんは嬉しいだろうか」

「これを選んだらBさんはどう思うのか」

 

多数決の時に最初に意見を言うのはかなりのプレッシャーです。

”賛成”と”反対”で二分の一だとしても周りの目を気にしてしまいます。

 

 

これは後悔したくないとも似てますが、他者がいる点が異なっています。

賛成と言った時の反対派の目は見れません笑

 

簡単言うと自意識過剰なだけです。

意識し過ぎて勝手に妄想が進んでいます。

 

4.優柔不断だと自覚している

自身が優柔不断だと自覚してしまっています。

「私優柔不断だからさー!」

「ごめん優柔不断なんだよね!」

 

優柔不断と言えば待ってくれる事が多いです。

待ってくれるので優柔不断をなおそうとは思いません。

 

私は優柔不断がほぼなおりました!

 

 

私の優柔不断がなおった理由

理由は単純です。

「悩んでるのがめんどくさい!!」

 

他人になおしなと言われたわけでもなく私が嫌になりました。

 

 

 

 

原因であげた理由をもとに解説していきます。

 

 

1.全てが良く見える←良くなければ選択肢に入るはずがない。

 

2.後悔をしたくない←ネガティブすぎた。

 

3.周りの目を気にし過ぎている←無駄なプライドがなくなった。

 

4.優柔不断だと自覚している←私自身が待てなくなった。

 

 

 

最終的には、

「変に悩むより自分の決断を信じるべきだ!!」

 

自身を信じる事ができなければ何もできないと確信しました。

 

 

知ってほしいたった1つのこと

 

優柔不断の方!!

物事を選べないその性格を無理になおす必要性はありません!

 

ただ1つだけ知っておいてほしい事があります。

 

 

 

それは、選べる幸せです。

 

 

 

あなただから選択肢があるんですよ。

 

 

世界には選ぶ事ができない方たちもいます。

 

例えば飢餓で苦しんでいる子供達。

彼らは全ての基準が”生きる”で決まります。

生きれるなら”Yes”の選択肢。

これは、判断する以前の問題にもなりますよね。

 

 

別に何かを訴えかけているわけではありません。

 

 

 

「悩むなー!」

「どっちにしようかなー!」

 

このように優柔不断が発動した時にたった一言

 

「選択肢があるって幸せだなー!」

 

これを思ってください!

それだけで優柔不断への捉え方が大きく変わりますよ

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

何か少しでも発見があれば嬉しいです。