プロのクズ見たけりゃ来れば?

読者の事を考えず、SEOを無視し、自分勝手に書く、それこそプロクズ(ブロ)ガー。

【就活】経団連「就活ルール廃止します。」学生と企業への影響って何があるのかまとめてみました!!

経団連「就活ルール廃止します!」

 

私「やった!やったー!!」

 

会長「対象は21卒から!」

 

私「いや、対象外かよ、、、」

 

こんにちは!

のぶです。

 

今回は経団連の就活ルール廃止による

メリット・デメリットを考えていきます!

 

f:id:nonbut:20180921084059p:plain

 

 

 

 

就活ルール廃止について

news.livedoor.com

 

今までは、3月から説明会開始、6月から面接開始といったルールがありました。

 

しかし、このルールが適用されるのは

経団連に入っている企業のみです。

 

入っていない企業は

優秀な就活生の早期獲得を行っています。

 

企業の中でも賛否両論で

これから注目すべきニュースになっています。

 

 

私の見解

経団連「就活ルール廃止!!」

 

私「ついに地獄の就活が解放されるぞー!!」

 

経団連「20卒までは通常通りです。」

 

私「20卒なんだが、、、?」

 

 

私は就活ルールが好きではありません。

理由はこちらに散々書き散らしております!

www.nobu-daily.com

 

 

結論から言うと、

「大賛成!!!」 

 

大賛成な理由はこちら!

 

www.nobu-daily.com

 

 

むしろ

なぜ就活ルールというものができたのか疑問です。

 

 

 

就活ルールによって就活は一種の行事のようなものになってしまっている。

高校の体育祭のように。

結局全員”やらされている”。

 

もちろん、そこに楽しんでる人もいるが

所詮はレールの上にいる。

 

仕事なめとんのか!

ペロペロした、、、

 

 

とりあえず私の見解を捨ててフラットな状態で分析していきます!

 

 

企業側 

実際の企業も賛否両論なので

どうなるかわかりませんね。

 

メリット

責任感のある就活生が手に入る

まず、就活ルールが廃止されることにより大学生は自ら動かないと就職先が見つからない状況に。

そうなると嫌でも自己管理する必要性があります。

 

学業、バイト、遊び、そこに就活が追加されます。

 

大学1年の夏休みから

就活するのが当たり前になるんでしょうか。

 

いつから動くかを自分で決めなければいけない。

基準がわからないからこそ試行錯誤して自己責任の就活が始まります。

 

大学1年から就職を意識してたら責任感のある

就活生が生まれること間違いなしです!

 

そんな就活生が企業に入れば

大きな力になりそうですね。

 

入社後即戦力人材が育成可能

例えば1年の冬で内定が出たとします。

 

もうそこからインターン生として

雇っちゃいましょう!

 

3年以上インターンで働いてからの新卒入社って

最強すぎません?

 

研修制度どうすんねん!!

 

新卒研修どころか3年研修だわ!!!

 

即戦力すぎてビビるわ!!

 

デメリット

青田買い

捉え方にもよりますが

あまりいい意見は聞きませんね。

 

縛り付けて大学生の可能性を奪っているという

捉え方もできます。

 

これはデメリットかな?というグレーゾーンなのであまり詳しくは語りません。

 

2.内定辞退率の増加

企業「はい、君1年生だけど内内定出しちゃう!!」

 

1年「あ、ありがとうございます!!」

 

・・・2年後・・・

 

3年「他にしたいこと見つかったから内定辞退します。」

 

企業「な、なんだってー!!」

 

本当にこれ!

全然起こりますよ?

 

私自身も1年生の時とはしたいこと違います。

むしろ半年前ともしたいことが違います。

 

 

せっかく内々定出して採用枠埋め終わったのに

一気に辞退なんてことも!!

 

実際今現在も内内定辞退があるのに

これが長い期間になったらどうでしょうか。

 

むしろ残る学生なんて

3割いれば良い方だと思います。

 

 

内々定辞退に備えないといけないという

業務が増えてしまいますね!

 

 

学生側

私としては羨ましい限りです。

 

メリット

入社後即戦力&高給料?

仕事するなら褒められたい!

これは大体共通じゃないですかね。

 

仕事で怒られてばっかなんて嫌ですよね。

先ほども似たような内容が出てきましたが学生視点で見てもメリットです!

 

さらに!

実力主義で成果報酬型なら確実にずば抜けた給料がもらえます!

 

バブルレベルのボーナスがもらえるかも!?

 

これはwin-winですね!!

 

就職への自覚

大学生になった瞬間から就活です。

 

私も大学2年の冬には合同説明会行きました。

1つ上の就活生を見て色々考えました。

 

「これが就活なのか!!」

 

この状況が1年の4月に起きる可能性が上がります。

 

むしろ大学側が

促進してくるのではないでしょうか。

 

羨ましい!!

 

就活をするということは人生を考えるということ。

私も早くから人生考えたかった! 

 

私は3年すぎてからやっと就活生として

自覚芽生えたけど、就活ルール廃止されれば

1年から就活生なんですよね。

 

「就活してるんですか?」

これを大学1年生に聞くのが

当たり前になるかもしれませんね!

 

こんなこともあり就活への自覚が芽生えます!

 

デメリット

学業成績の悪化

企業「はい君内々定!!」

 

1年「最低限の成績とって入社しよう!!」

 

大学「見事にギリギリラインで通過しやがる、、、」

 

1年「卒業だけすれば入社!!」

 

内々定をもらったことで卒業すれば安定ルートに。

楽な単位を取り、最低限の成績で見事に卒業。

それでも内々定があれば入社できます。

 

また、1年から就活をするのですることが増え、

最終的に

1番優先順位が低くなる学業がおろそかに、、、

 

こうならないように企業は成績提出制度

を定めてくださいね!!!

 

大学進学率の低下

高3「大学生は人生の夏休みだぜ!!」

 

・・・入学後・・・

 

大学「えー、1年の夏が就活の正念場です。」

 

1年「え?夏休みどこいったん?」

 

ありえなくはないですね笑

 

こうなったら次のことが予想されます。

高卒で働くor大学1年から就活

 

 

なんとなく休みが多いから

大学に進学という人も多いです。

 

それが就活に支配されたら

高卒で働くほうが楽に感じるかもしれません。

 

大学への影響も大きいですね。

 

 

さいごに

どうなるんでしょうね。

正直対象外なので他人事にはなってしまいます。

 

ただ、将来もしも人事を担当することになったら

大変そうですね。

 

私には、

1年に内々定を出して良いか判断できないです。

 

3年間の伸びしろがわかりません。

 

そう考えると、4年で今までしてきたことを

聞くのも間違ってはないのかもしれません。

 

 

もし、就活ルールが廃止されることになったら

色々デメリット・メリットありますよね。

 

私が考えた以外も多くあると思います。

 

久しぶりに興味のあるニュースなので

これからテレビチェックしときます!

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

何か少しでも発見があれば嬉しいです。