プロのクズ見たけりゃ来れば?

読者の事を考えず、SEOを無視し、自分勝手に書く、それこそプロクズ(ブロ)ガー。

(※ただしイケメンに限る)とか言ってるけど、、、だから何? その理由はこちら

f:id:nonbut:20180803100739j:plain

 

こんにちは!

のぶです。

 

今回は心理学的な話をします!

コンセプトとしては、「難しい心理学を読みやすく紹介する!」です!

 

 

本格的に始まる記念すべき第1回は【ハロー効果】です!

 

 

「ただしイケメンに限る」

 

この言葉少し前に流行りましたよね。

ギャルやアニメ好き、大学生、高校生いろいろな人が使っていました。

 

壁ドンしてほしい!(※ただしイケメンに限る)

付き合いたい!(※ただしイケメンに限る)

誰でもいいから運命の相手って呼びたい!(※ただしイケry)

 

 

 

イケメンならなんでもいいのかよ!

思わず突っ込みたくなりますが、その通りです。

イケメンならなんでもいいんですよ笑

 

 

 

そこには【ハロー効果】という心理的な効果が発生しています。

簡単に言うと、”イケメン=全てがイケメンに見える”ということです。

 

 

ハロー効果って具体的には?(解説付き)

いくつかイケメン以外でも例えてみます。

 

良いハロー効果

1.A君って、数学が100点だから理科も90点以上取ってそう。

2.B君って、PC持ってるからタイピング速そう。

3.C君って、サッカー上手いから他のスポーツもうまそう。

4.D君って、動物好きだから優しそう。

5.E君って、家庭教師してるから頭良さそう。

 

解説

1.テストである教科が100点→他の教科も高得点?

2.PCを持ってる→タイピング速い?

3.サッカーうまい→他のスポーツもうまい?

4.動物好き→優しい?

5.家庭教師をしてる→頭良い?

 

上のような経験ないですか?

もしかしたら思われてたー!という方もいるかもしれませんね笑

テストで100取れてもそれだけ得意教科だから、他は50くらいなんだよ、、、みたいに言いづらい時私もありました。

 

この5つは簡単にいうと、

「良いイメージ→良いイメージ」

真実を気づかれなければ得することですね!

 

 

悪いハロー効果

ハロー効果には逆もあります。

先ほどと逆なので、

「悪いイメージ→悪いイメージ」

これは真実を気づかせなければ損することです!

 

例をあげます。

1.F君って、数学赤点だから他も全部赤点取ってそう。

2.G君って、机の中汚いから部屋も汚そう。

3.H君って、覚え悪いからなに言っても忘れそう。

4.I君って、レースゲーム下手だから太鼓の達人も下手そう。

5.J君って、サッカーで動かないから運動音痴そう。

 

解説

1.数学が赤点→他も赤点?

2.机の中が汚い→他も汚い?

3.覚えが悪い→全部忘れる?

4.レースゲームが下手→太鼓の達人も下手?

5.サッカーで動かない→運動音痴?

 

これが悪いハロー効果ですね。

上にあげたのはなるべくオブラートに包むようにしました笑

もっとヤバい例も思いつきますか?

 

 

 

結局ハロー効果って?

「良いイメージ→良いイメージ」

「悪いイメージ→悪いイメージ」

どちらもハロー効果です!!

 

 

「1つの事実から得られるイメージ→他も同じイメージになる」

これは良い悪い関係ないです。

ただし、必ず同じ印象になります。

良いイメージなら良いイメージです。

 

 

良いイメージ悪いイメージ

こんなこと思う人間いたらだいぶひねくれてるかあまり人を信じれない人ですかね。

私も、昔美人は性格が悪いと思ってました笑

 

 

ではその逆、

悪いイメージ良いイメージ

これもまたおかしな話になってきますよね。

その人のことを信頼していて他は良いだろう!と思う素敵な人もいるかもしません。

 

これはギャップ萌えと似てるようですが違います。

ギャップ萌え・・・「悪いイメージだと思ったら良い事実だった。」

ハロー効果・・・「良い事実だから他も良いイメージだろう。

 

 

ハロー効果とは”イメージ”です。

人に対する+の事実が、”=”で他のイメージになります。

 

ハロー効果で得する人もいれば損する人もいます。

ギャップ萌えのように革命もできるので人によりけりでしょう。

 

 

 

ハロー効果を知った上で伝えたいこと

ハロー効果わかりました?

 

イケメン=顔がかっこいい→何してもかっこいい

これがただしイケメンに限るの本性です笑

 

それをわかってもらった上で伝えたいことがあります。

 

 

何事も事実だけを見てください。

もちろんこれは良い悪いがあります。

 

良い事実だから良いイメージを持つのは悪くありません。

ただ、イメージが悪かった時、勝手に怒らないでください。

 

”→”が”=”で無い可能性なんていくらでもあります。

それだけであいつ思ったよりも〇〇〇〇だわと思うのはおかしな話ですよね?

 

 

最近やっと男だから〜、女だから〜がなくなってきたので嬉しいです。

これもハロー効果と似てますよね。

男という事実→力が強くてたくましいというイメージ

女という事実→おしとやかで大声を出さないというイメージ

 

 

イメージを持つのは自由ですが、自分のイメージが”=”にならないだけで怒ったり、気分悪くするのはどうなんでしょうね。

 

それよりも、こんなイメージを持っていた自分の視野の狭さを知って、新たな発見をできたからワクワクするべきなんですよ。

 

 

少しハロー効果とはズレたような気もしますが許してください笑

 

 

 

今回の【ハロー効果】を読んでいただきありがとうございます。

事実を大切にして、イメージと違っても楽しみましょう!!

 

定期的にこのようなブログ書いていきます!